ここから本文です

岡留被告に懲役4年 宮崎市5人死傷

宮崎日日新聞 7月12日(火)11時36分配信

 宮崎市で昨年3月、乗用車を運転中、てんかんの発作で事故を起こし、5人を死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の罪などに問われた住所不定、無職岡留富信被告(63)の判決公判は11日、宮崎地裁で開かれた。織川逸平裁判官は懲役4年(求刑懲役5年6月)を言い渡した。病気の影響による交通事故で、同罪の適用は県内初。

宮崎日日新聞

最終更新:7月12日(火)11時36分

宮崎日日新聞