ここから本文です

【全文】鳥越俊太郎氏「76歳、残りの人生を東京都のために注ぎたい」都知事選出馬表明会見

ログミー 7月12日(火)15時16分配信

「政治とカネ」をどう変えていくか

司会者:本日はお集まりいただきまして、ありがとうございました。ただ今より、鳥越俊太郎さんの東京都知事選出馬会見を行わせていただきます。

本日司会をさせていただきます、鳥越さんの友人のフリーアナウンサー柴山延子と申します。どうぞよろしくお願いいたします。それでは、鳥越さんよろしくお願いいたします。

鳥越俊太郎氏:今日は、お忙しい中、たくさんお集まりいただきましてありがとうござます。

それではこれから、東京都知事選の出馬に関する私のご挨拶をさせていただきます。

私、鳥越俊太郎、生まれは九州でございまして、東京ではございませんが、今でも九州の訛りが消えない東京都民でございます。30年くらいは住んでおりますので、一応、東京都民の資格は持っているつもりでございますが。

今日は、そんなに長い時間はかけませんので、だいたい3つくらいのことを申し上げたいと思っています。

まず第1に、やはり東京都政は猪瀬さん、舛添さんという2人の知事の時代に残念ながら政治とカネというよくある話ですが、なぜか2代続けてお金の問題で任期をまっとうすることができなかったという、こういう時代があります。

そのことによって、東京都政が大変な混乱に陥ったというのはみなさんご存じのとおりでございますが、そのことについてやはり、私はちゃんと受け止めて、どこに問題があって、私がもし、みなさんに選んでいただいてその任に当たることになったときに、なにに気をつけなければいけないのか、なにを心に留めておかないといけないのかということについて、まずお話をしたいと思います。

みなさんもご存じのとおり、近代市民社会というのは、基本的になにで成り立っているのか。これは私たち国民、東京都の場合は、東京都民が汗水垂らして働いて収める税金で成り立っています。

税金で東京都庁、東京都議会といった、行政府・立法府の役所が運営されている。そのことをまずしっかりと確認しなければいけない。

この税金という問題は、日本ではともすれば忘れられがちになってします。

これはなにも金を使う側のお役人や議会の先生方だけではなく、収めたほうも自分たちが収めたという意識が希薄になる。その結果として、権利の行使である投票率が今ひとつ上がらない、選挙の投票には行かない。つまりこれは税金を納めていることの権利として投票という権利が生じているわけでありますけれども、これを行使しない人が多い。

とくには、舛添さんの場合に典型的に見られるのが、私たちが、みなさんもそうだと思いますけれども、相当都税、区民税って払っていますでしょ? 僕も、「うわ~、こんなに払っているのか」と思いますよ。

この都税を使うときに、舛添さんが東京都民が汗水流して働いて収めた税金を使っているという意識がどこかもう飛んでいた。

だからこそ、外国行くときはファーストクラス、スイートルーム泊まるという、とんでもない税金の使い方をされてた。

こういうことはやっぱり、納税者意識と、それから税金で付託を受けているという、その意識がどこか希薄になっている。その結果としてそういうことが起きている。

これは、よく政治とカネという言い方をしますけれども、政治とカネという問題ではいい尽くされない、もっと深く言えば税金をどう使うか。そのことをどれだけ意識してちゃんと仕事、行政なら行政、立法なら立法の仕事にあたってるかということが問われているんだと思うんですね。

そのことを私はしっかりと、私は大学で歴史を学んできた人間として、やはり歴史的にこの税金、納税、英語で言うとタックスペイヤーということですけれども、この納税者意識ということをしっかりと私は胸に受け止めて、もし、結果を見ないとわかりませんけれども、そういう場に私が立つことになった場合は、そのことを十分心にとめて、仕事をしていきたいなと思います。

これはおそらく今後も続いていく問題ですから、大変重要な問題だと思います。

1/3ページ

最終更新:7月12日(火)15時16分

ログミー