ここから本文です

ブラジル サッカー五輪代表=開幕3週間前に主力が欠場へ 追加召集は急務

ニッケイ新聞 7月12日(火)21時14分配信

開幕まで3週間余りと迫ったリオ五輪で、念願の金メダル獲得を目指すブラジル男子サッカー代表に暗雲が立ち込めた。
 23歳以下の選手中心で構成される五輪代表で、3人まで使える年齢制限のない選手(オーバーエイジ枠)として招集され、セレソンでも主力のFW、ダグラス・コスタは11日、怪我のため、所属チームのバイエルン・ミュンヘンから出場許可を取り消された。
 また、シャフタール・ドネツク所属のボランチ、フレッジもクラブの出場許可が下りなかった。ブラジルサッカー協会(CBF)はクラブからは正式な通達を受けておらず、内々に再交渉する意向だが、出場許可の出る見込みは薄い。
 2人の追加召集は急務で、オーバーエイジ枠が空いた事で誰が招集されるのかという楽しみもあるが、その際も所属クラブにNOを突きつけられる可能性がある。
 五輪は国際サッカー連盟(FIFA)の公式カレンダーに組み込まれておらず、日程調整がいつも困難だった。
 これまでは前会長のブラッター氏が、マーケティング的観点から、23歳以下はもちろん、オーバーエイジの選手の供出にも協力するようクラブチームににらみを利かせてきたが、同氏失脚でクラブチームへの強制力が効かない状態になっている。

井戸 規光生

最終更新:7月12日(火)21時14分

ニッケイ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]