ここから本文です

プールの滑り台にねじくぎ突き出す 岡山・津山で児童大けが、市教委陳謝

山陽新聞デジタル 7月12日(火)9時10分配信

 岡山県津山市の市教委は11日、市勝北総合スポーツ公園プール(同市西下)の滑り台「ロックスライダー」で10日に遊んでいた、津山、真庭市の児童ら3人が斜面から飛び出たねじくぎで、足や尻を切るけがを負ったと発表した。

 市教委スポーツ課によると、10日午後2時半ごろ、滑り台(全長8・8メートル、幅3・8メートル、傾斜20度)で遊んでいた津山市の小学6年女子(11)が右かかと外側を6針縫うけがを負い、真庭市の同2年男子(7)も右尻を2~3センチ切って救急車で病院に運ばれた。さらに別の男児もかかとを負傷したと申し出があった。

 すぐに滑り台の利用を中止し、点検したところ、6月下旬に補修した斜面下部から表面のコーティングを破って、直径8ミリのねじくぎが3ミリほど突き出ていた。同課は施工業者と詳しい原因を調べている。

 松尾全人・市教委生涯学習部長は「負傷した利用者に申し訳ない。補修に万全を期し、安全対策を徹底する」と陳謝した。

 プールは1991年5月に利用開始。10日はシーズン前のプレオープン(本格オープンは16日)で381人が訪れた。

最終更新:7月12日(火)9時10分

山陽新聞デジタル