ここから本文です

[月刊G 8月号]田畑二軍投手コーチ、テーマは「強い球」「強い体」「強い心」

スポーツ報知 7月12日(火)11時27分配信 (有料記事)

◆田畑一也・二軍投手コーチ〈71〉

◆田畑一也・二軍投手コーチ〈71〉

 今季は3シーズンぶりにファーム投手陣の指導にあたっている田畑一也二軍投手コーチ(47)。一軍での指導経験も生かしながら、次代を担う若い力の育成に力を注いでいる。

 ―今季、二軍投手陣はどのようなテーマに取り組んでいますか?

 「キャンプの冒頭に今季のテーマとして(1)強い球(2)強い体(3)強い心を目指そうということを話しました。強い球とは、速いボールでもいいし、自分で信用できるボールと解釈してもいい。そういうボールを磨こうということ。強い体とは、もちろんケガをしない体であり、先発だったら100球以上しっかり投げ切れたり、中継ぎなら連投できる。そういうことにも当てはまります。強い心とは、マウンドでは誰も助けてくれないわけですから、そこで強い気持ちを持つこと。それから言いわけをしない。この3つをテーマに取り組んでいます」本文:3,485文字 この記事の続きをお読みいただくには、月刊ジャイアンツの購入が必要です。

  • 通常価格:
    360円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    308円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:7月12日(火)11時27分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。