ここから本文です

「バイエルンから関心があったのは事実。でも何も起こっていない」 ハムシクがナポリ愛示す

theWORLD(ザ・ワールド) 7月12日(火)7時33分配信

他クラブからオファーはないと語る

ナポリの看板選手として長く活躍しているMFマレク・ハムシクは、毎回の移籍市場でビッグクラブへの移籍が噂される選手だ。今夏も例年と同じようにセリエA脱出が噂され、バイエルンやドルトムントが興味を示していると言われていた。

しかし、今のところハムシクはナポリのことを優先しているようだ。伊『Calciomercato』によると、ハムシクはバイエルンから関心の声が届いていたことは認めたが、正式なオファーはなかったと主張。何も起こっていないことを強調した。

「今僕の優先順位はナポリだ。これは明らかだ。今僕はバケーションのことについて考えているんだ。バイエルンから関心の声が届いていたのは本当だよ。だけど何も起こっていない。僕は彼らのオファーを断ったわけじゃないんだ」

ハムシクは2015-16シーズンもゴンサロ・イグアインやロレンツォ・インシーニェとともに攻撃の核となってきた選手で、今やセリエAでも屈指の攻撃的MFだ。ナポリにとっては絶対手放すことはできない存在だが、今のところハムシクにビッグクラブ行きの可能性はなさそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月12日(火)7時33分

theWORLD(ザ・ワールド)