ここから本文です

射水市 庭木せんてい中に転落死亡/富山

チューリップテレビ 7/12(火) 9:40配信

 11日午前、射水市で庭木の剪定をしていた男性が三脚の高さ1・5メートルの地点から落下し、頭を強く打って死亡しました。

 11日午前11時半ごろ、射水市緑町の民家で庭木の剪定を行っていた、高岡市二塚の造園業、山本義幸さん(67)が登っていた三脚の高さ1,5メートルの地点から、コンクリート製の『たたき』に落下しました。
 山本さんは『たたき』の角に頭を強くうち、およそ2時間半後に搬送先の病院で死亡が確認されました。
 近くに住む人などによりますと、事故当時、山本さんは、ヘルメットを着用していなかったということです。
 警察は、山本さんがバランスを崩した可能性があるとみて、造園業者や近くの人から話を聞くなどして調べを進めています。

チューリップテレビ

最終更新:7/12(火) 9:40

チューリップテレビ