ここから本文です

【高校野球】高松商の躍進に続け 38年ぶり「四国4商同時甲子園出場」なるか

Full-Count 7月12日(火)9時7分配信

打撃強化と「打倒鳴門」で5年ぶり出場へ燃える徳島商

 高松商(香川)の明治神宮大会優勝、選抜準優勝によって再び注目を浴びるようになった「四国4商」。では、現在の徳島商(徳島)、高知商(高知)、松山商(愛媛)の3校はどのような状況にあるのだろうか。ここでは各校指揮官の話も交えながら、高松商を除いた「四国4商」の現在地を伝えていきたい。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

「あれだけ能力の高い選手が、公立校でよく集まったと思いますね」

 高松商のセンバツをタレント的見地から評したのは徳島商・森影浩章監督である。

 この春は練習試合で敦賀気比(福井)、市立明石商(兵庫)といったセンバツ出場校相手にも一定の成果を見せた投打バランスをベースに県大会連覇を目指したものの、結果は準々決勝で城南に3-11で7回コールド負け。投げてはエース、打っては5番の増田将馬(3年、177センチ68キロ、徳島市立南部中出身)の状態にチームの戦い方が左右されるウィークポイントを克服できぬまま終わった印象が強い。

 夏に向けて「打撃強化の部分では5~6人は育ってきた」(森影監督)ストロングポイントを実戦に落とし込み、新入生18名が入部して総勢44名となった選手たちをいかにフル活用できるか。徳島商は、絶対王者・鳴門を倒す意気込みを持って2011年以来5年ぶりの甲子園出場を狙う。

「新生1期生」で10年ぶり復活を期す高知商

「試合は選手たちも見て刺激を受けていたと思います」

 こう語るのは昨年7月末から監督に就任した上田修身監督。1980年の高知商センバツ優勝時の主将であり、阪神・藤川球児投手を高知市立城北中時代に指導したことでも知られる高知商の切り札だ。

 県大会2回戦で左腕エース・高橋大(3年、左投左打、170センチ67キロ、高知市立愛宕中出身)が2回で背負った5失点を取り返せず、高知中央に0-6で完封負け。秋の県大会準優勝校にとってはいささか不甲斐ない結果に終わった春を経て、現在では「新しいメンバーが入って競争意識ができてきた」(上田監督)打線強化に加え、高橋に次ぐ2番手、3番手の育成と高橋自身のメンタル強化を進める高知商。新入部員も26人が加わり、83人の大所帯で日々の練習に励んでいる。

「本当の1期生に自分の考えを理解してもらう」。上田監督の夏初采配。混戦模様の高知大会で10年ぶりの甲子園出場を決めにいく。

1/2ページ

最終更新:7月12日(火)9時7分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]