ここから本文です

錦織 リオ五輪出場を宣言、狙うは「金!」<男子テニス>

tennis365.net 7月12日(火)13時51分配信

錦織圭

男子テニスで世界ランク6位の錦織圭(日本)が12日、LIXILの「がんばれ!ニッポン!日本代表選手団 応援イベント」に参加し、8月から開幕するリオデジャネイロ・オリンピックへ向けて「前回(ロンドン)のベスト8以上を狙えるように頑張りたい」と意気込みを語った。

錦織「キレそうだった(笑)」

「自分は今年良い結果が出てますし、テニスの自信もあるので、メダルを取れる位置にはいると思う。」と話した錦織は、前回のロンドン五輪の準々決勝でJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)に敗れるもベスト8進出を果たしている。

ツアー大会とオリンピックの違いについては「オリンピックは違う意味での大きさがある。メダルを持って帰れれば、自分もそうだし日本全体も盛り上がってくれると思うので、そういう重みがある。より日本人として戦える場がオリンピックだと思うので、良い結果を残したいと思ってる」と話していた。

今大会には錦織の他に土居美咲(日本)、日比野菜緒(日本)、穂積絵莉(日本)の3選手が出場。

日本代表のトップとして挑む錦織は、各国からN・ジョコビッチ(セルビア)、A・マレー(英国)、R・フェデラー(スイス)、R・ナダル(スペイン)と世界トップ選手が登場する今大会で「タフな大会には変わりないですけど、彼らに勝ってきてる過去もあるので、なるべく標準を合わせて挑みたい」と語った。

最後に質問者から「金(メダル)ということでいいんですよね?」と聞かれて「はい、金!」と笑顔で力強くコメントした。

錦織は今後、7月25日からのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)に出場する予定。

tennis365.net

最終更新:7月12日(火)13時51分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]