ここから本文です

【MLB】151M弾も! イチロー同僚のスタントンが本塁打競争初制覇「彼は現実離れ」

Full-Count 7月12日(火)12時32分配信

最長本塁打19本のうち18本がスタントンの一発、「間違いなくレジェンド」

 イチロー外野手の所属するマーリンズのジャンカルロ・スタントン外野手が11日(日本時間12日)、サンディエゴで行われたオールスターのホームランダービーで規格外の長打力を見せつけ、マーリンズ所属選手として初の優勝を果たした。

日本人最高は…これまでのMLB大型契約ランキング

 1回戦ではロビンソン・カノ内野手(マリナーズ)を相手に24本-7本で圧勝を飾ると、準決勝ではマーク・トランボ外野手(オリオールズ)を相手に17本-14本で勝利を収めた。昨年王者のトッド・フレイジャー内野手(ホワイトソックス)を迎えた決勝では20本-13本で完勝を収めた。

 合計61本の柵越えを放った2014年のナ・リーグ本塁打王スタントンはこの日、参加8選手で最長の497フィート(約151.5メートル)を記録。ESPNのマイク・ペトリエッロ記者はツイッターで「スタントンはこの日の(全選手の本塁打の中の)最長本塁打10本を記録。最長打19本中では18本(がスタントンのホームランだった)。彼は現実離れしている」と速報している。

 MLB公式ツイッターも「疑問の余地はあるのか? ジャンカルロ・スタントンがホームランダービーの勝利者に。そして、間違いなくレジェンド」と絶賛している。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月12日(火)12時32分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]