ここから本文です

重力って人工的に作れるの?

ギズモード・ジャパン 7月12日(火)15時10分配信

答:イエス。

どうやって作るのかというと遠心力を利用します。ガンダムでおなじみのスペースコロニーはくるくる回ってますよね。回ることによって遠心力を生み出し、擬似の重力空間を作り上げるんです。60年代後半のSF映画「2001年宇宙の旅」や、荒廃した地球とスペースコロニーを舞台とする2013年のSF映画「エリジウム」のように、重力は人工的につくることが可能です。

ただし、いわばカネとコネとアルミニウムさえあれば...というところでしょうか。

YouTubeチャンネルReal Engineeringによると、巨大な船のような人工重力空間を建設するのに必要なのは、5兆ドル(約505兆円/ISSの建設費用を参考に算出した額)と、世界中で製造されているアルミニウムを約10年分。

ちなみに動画(https://youtu.be/im-JM0f_J7s)によると、5兆ドルという額について「世界一の富豪」と称されるマイクロソフト創設者のビル・ゲイツが62.3人分、50万人の協力者と割り勘しても1人1000万ドル(約10億円)必要とのこと。それだけのお金があったら、もっと他のことに使ったほうがいいような気がしますけど…これもまた夢ですね。

source: YouTube, Jaxa
Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文]
(Rina Fukazu)

最終更新:7月12日(火)15時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]