ここから本文です

マレーがジョコビッチとの差を縮める [テニス世界ランキング]

THE TENNIS DAILY 7月12日(火)12時1分配信

 ウィンブルドン優勝でアンディ・マレー(イギリス)のATPランキングは、1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)との間にある大きなポイント差をかなり縮めることができた。

マレーが流した涙、2度目のウィンブルドン・タイトルを「心から誇りに思う」

 ウィンブルドン開始時はジョコビッチが1万6950ポイントで、マレーが8915ポイントと、ジョコビッチはマレーの2倍近いポイントを擁していた。しかし、ジョコビッチが3回戦で負けてマレーが優勝したあとのポイントは、ジョコビッチが1万5040ポイントでマレーが1万195ポイントとだいぶ縮まっている。

 7度目のウィンブルドン・タイトルを獲得したセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は世界1位の座をキープし、準優勝したアンジェリック・ケルバー(ドイツ)は4位から2位に上昇。WTAの歴史において最年長のナンバーワンである34歳のセレナは、2013年2月から首位の座をキープしている。

 一方、全仏オープンの決勝でセレナを倒したがウィンブルドンは2回戦負けに終わったガルビネ・ムグルッサ(スペイン)は、2位から3位に下降した。

 セレナの姉ビーナスは2010年の全米オープン以来となるグランドスラム大会での準決勝進出で、8位から7位に上昇した。36歳のビーナスは、1994年のウィンブルドンで37歳で準優勝したマルチナ・ナブラチロワ(アメリカ)に次いで年齢の高い、グランドスラム準決勝進出者だった。

 男子のトップ10に大きな変動はない。ロジャー・フェデラー(スイス)は3位、ラファエル・ナダル(スペイン)は4位のままだ。準決勝でマレーに敗れたトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)は9位から8位に上がり、準々決勝でマレーに敗れたジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)は12位から10位に上がった。自己初のグランドスラム大会の準々決勝に進出したルカ・プイユ(フランス)は、9位も階段を上がってキャリア最高の21位となった。

 ちなみに、決勝に進出した7位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は6位の錦織圭(日清食品)に迫りはしたが、錦織の4290ポイントに対してラオニッチは4285ポイントと、わずか5ポイント差で追い抜けなかった。錦織はウィンブルドン4回戦で途中棄権したが、昨年のウィンブルドンは2回戦で棄権したたため、ポイントは多少なりとも増えた。一方、5位のスタン・ワウリンカ(スイス)と6位の錦織のポイント差は、430ポイントとなっている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 11: A detail shot of the trophy after Andy Murray of Great Britain revisited centre court at Wimbledon on July 11, 2016 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:7月12日(火)12時1分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]