ここから本文です

自民 野上氏 新幹線・東海北陸道「加速を」/富山

チューリップテレビ 7/12(火) 9:44配信

 富山選挙区で当選した野上浩太郎氏は、一夜明けた11日、チューリップテレビの取材に応じ、北陸新幹線の関西への延伸や東海北陸道の4車線化について、「事業を加速させる」と述べました。

 「厳しい選挙戦でしたが、県民のみなさまから大きなご支援を賜りありがたいと思っています。このご期待をしっかりと受け止めて全身全霊で働いて参りたい」(野上浩太郎氏)

 国土交通副大臣を務め、これまでも新幹線や東海北陸道の整備に関わってきた野上氏。今後、これらの整備の加速に取り組む考えを強調しました。

 「大阪までの、関西圏までの延伸は年内にルートを決めることが大切である」「大事なのは予算の確保。今までの同じような予算ではなくて、さらに加速できるような予算を確保していくことが大事」(野上浩太郎氏)

 また一部、追い越し車線の設置が決まった東海北陸道の4車線化については。
 「おそらく南砺スマートチェンジあたりか城端インターチェンジあたりから付加車線化が始まっていくと思うので、まずは着実に進めていくことが大事」「これはできるだけ速やかにと思っているので、時期も含めて明示できるようにしっかり取り組んで行きたい」(野上浩太郎氏)

 参議院の3期目で周囲からは重要ポストを期待する声も上がりますが。

 「ご期待いただくことはありがたいと思いますが、そういうことは今まったく意識をしていません。与えられた職責を全力で全うしていきたい」(野上浩太郎氏)

 野上氏の3期目の任期は7月26日から6年間です。

チューリップテレビ

最終更新:7/12(火) 9:44

チューリップテレビ