ここから本文です

昨年覇者ラムがマクドナルド下し2回戦進出<男子テニス>

tennis365.net 7月12日(火)18時25分配信

ホール・オブ・フェーム選手権

男子テニスのホール・オブ・フェーム選手権(アメリカ/ニューポート、芝、ATP250)は11日、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク69位のR・ラム(アメリカ)が主催者推薦で出場のM・マクドナルド(アメリカ)を6-2, 6-3のストレートで下し、2回戦進出を果たした。

この試合、ラムはファーストサービスが入った時に89パーセントの確率でポイントを獲得して主導権を握り、1時間5分で勝利した。

現在31歳のラムはP・サンプラス(アメリカ)に似たフォームが特徴的でサーブ&ボレーを得意としている。昨年のホール・オブ・フェーム選手権では決勝でI・カルロビッチ(クロアチア)を破り優勝を果たした。

2回戦では、第7シードのD・セラ(イスラエル)と対戦する。両者の対戦は今回が2度目で前回の対戦ではラムが苦杯を喫している。

今大会のシード勢は、第1シードにS・ジョンソン(アメリカ)、第2シードにカルロビッチ、第3シードにG・ミュラー(ルクセンブルグ)、第4シードにM・バグダティス(キプロス)となっており、上位4シードは1回戦免除で2回戦からの登場。

tennis365.net

最終更新:7月12日(火)18時25分

tennis365.net