ここから本文です

鳥栖・フィッカデンティ監督「武器出させない」 湘南との残留争い、勝って突き放せ 13日アウェーで対戦

佐賀新聞 7月12日(火)11時53分配信

 サッカー・J1サガン鳥栖(佐賀県鳥栖市)はリーグ戦第2ステージ第3節の13日、神奈川県平塚市のShonanBMWスタジアム平塚で湘南ベルマーレと対戦する。J1残留を争う相手との直接対決。下位チームを突き放すためにも、是が非でも勝ち点3を奪いたい。

 鳥栖は第2ステージ1勝1分け(勝ち点4)の6位で、年間順位は13位のまま。前節は敵地で神戸と対戦し、MF金民友(キム・ミヌ)、MF鎌田が得点を奪った。

 2失点し結果は引き分けだったが、第1ステージでリーグワースト(10得点)だった得点力は、2試合で5点と上向いている。金民友は「攻撃は自信を持てている」と胸を張り、「自分たちが先制する展開にしたい」と強調する。

 一方、第1ステージで堅守を取り戻していた守備は、2試合で4失点と修正が必要。フィッカデンティ監督は「守備陣の状態は悪くない」としつつ、「一瞬、注意力が欠けたときに失点している。そこを未然に防いでいきたい」と意気込む。

 湘南は第2ステージ1勝1敗(勝ち点3)の12位。前節は新潟とのアウェー戦を1-0で制し、年間順位を14位に上げて降格圏を抜け出した。鳥栖は第1ステージで0-1と苦杯をなめており、指揮官は「アグレッシブな走力は頭に入っている。その武器を出させない」とリベンジに燃える。

 MF高橋は湘南が「ハードワークで前から激しくプレスにくる」ことを念頭に、「セカンドボールの争いも大事になってくる」と指摘。中3日の連戦となるが、「先のことは考えない」と必勝を誓う。

最終更新:7月12日(火)11時53分

佐賀新聞