ここから本文です

錦織 負傷の左脇腹「あと1週間あれば」 徐々に回復へ<男子テニス>

tennis365.net 7月12日(火)18時44分配信

錦織圭

男子テニスで世界ランク6位の錦織圭(日本)が12日、LIXILの「がんばれ!ニッポン!日本代表選手団 応援イベント」に参加。10日まで行われていたウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で4回戦途中棄権の原因となった左脇腹の負傷については「あと1週間あれば」と回復していることを話した。

錦織82位 日本人で唯一

「先日ウィンブルドンから帰ってきて、今はゆっくりと過ごしています。次はオリンピックもありますし、忙しい夏になると思うので、しっかり身体を休めてまた頑張っていきたいと思います。」と錦織。

ウィンブルドン前哨戦で負傷した左脇腹の痛みを抱えながらもベスト16進出を果たした錦織だったが、自身初の8強入りをかけて臨んだ4回戦で左脇腹の状態が限界に達し、無念の途中棄権となった。

左脇腹の状態については「大体ですけど、あと1週間あればテニスが再開出来ると思います。様子を見ながらなので、まだ確実とはいえないですけど、だいぶ良くなってきています」と少しずつ回復している様子。

「テニスは日に日に良くなっていますし、特に今回のウィンブルドンで芝の感触は掴めた。リタイアという形でウィンブルドンを去ったのは悔しかったですけど、来年のウィンブルドンへ向けて、今年は良い試合がいくつか出来たので自信にはなりました」と、芝での戦いに手応えを感じていた。

また「まだテニスを始めてはいないんですけど、たくさんの方に心配をかけてしまったので、次のトロントから頑張りたいと思います」と話し、7月25日から出場予定となっているロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)へ意気込みを語った。

tennis365.net

最終更新:7月12日(火)18時44分

tennis365.net