ここから本文です

【動画】東・西日本で雨 激しい雷雨も(12日18時更新)

ウェザーマップ 7月12日(火)17時57分配信

 13日(水)も九州を中心に、さらなる大雨に警戒が必要です。西日本では激しい雨や雷雨になる所があり、雨の範囲は東日本にも広がる見込みです。

 13日(水)も梅雨前線が停滞し、暖かく湿った空気が流れ込むため、東日本と西日本では広く雨や雷雨となるでしょう。特に九州では、朝の通勤・通学の時間帯が雨のピークとなりそうです。局地的には1時間に80ミリの猛烈な雨が降るおそれがありますので、時間に余裕をもってお出かけください。日中も西日本を中心に、激しい雨や雷雨になる所があるでしょう。

 13(水)の夕方までに予想される雨量はいずれも多い所で、九州北部地方で400ミリ、九州南部・近畿で250ミリ、中国・四国で150ミリとなっています。九州ではすでにこれまでの大雨で地盤がかなり緩んでいますので、引き続き、土砂災害には厳重な警戒が必要です。
 夜になると、西日本の雨は止んできますが、東日本では雨が降り続くでしょう。

 日中の気温は、12日(火)より低くなりますが、それでも28℃前後まで上がる所が多くなりそうです。(気象予報士・多胡安那)

最終更新:7月12日(火)17時57分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。