ここから本文です

初回から濃厚キスシーンも!?武井咲×滝沢秀明、不倫?純愛?ドラマ「せいせいするほど愛してる」今夜放送開始

E-TALENTBANK 7月12日(火)21時0分配信

今夜、夜10時からTBS系ドラマ「せいせいするほど、愛してる」が放送される。

このドラマは、小学館「プチコミック」に連載されていた、北川みゆきの同名マンガ「せいせいするほど、愛してる」が原作の作品で、ティファニージャパンの広報部で働く主人公・栗原未亜(武井咲)が恋に落ちたのは、自社の副社長・三好海里(滝沢秀明)。しかし三好は既に妻を持つ立場だった…。この二人の禁断の恋愛を軸に、複雑に絡み合う人間模様を描く。

物語には、未亜のライバル会社の敏腕広報マンで、海里の最強の恋敵となる宮沢綾(中村蒼)、未亜のルームシェア仲間で、出版社に勤務、恋愛に奥手な真咲あかり(水沢エレナ)、同じくルームシェア仲間で、恋に奔放、独占欲が強いモデルの美山千明(トリンドル玲奈)、未亜に対してストーカー化する元彼の山下陽太(高橋光臣)など、個性豊かな面々が登場し、それぞれの恋模様も展開していく。“せいせいするほど”ひたむきで、限りなく純粋な、大人の群像劇だ。

本日放送される第1話では、武井咲演じる栗原未亜と滝沢秀明演じる三好海里の出会いを中心に描かれ、現在Webで公開されている予告動画では、二人の濃厚なキスシーンも描かれており、その内容が気になるところだ。

また、主題歌は松田聖子がYOSHIKIとタッグを組んだ楽曲「薔薇のように咲いて 桜のように散って」。松田聖子がTBSの連続ドラマの主題歌を担当するのは20年ぶりということもあり、こちらも話題を呼んでいるようだ。

今夜の放送スタートを前に、Twitterでは「1番楽しみにしてたドラマ」「漫画から好きだったから ドラマで見れるなんてうれし」「せいせいするほど愛してるはほんとに原作が大好きなんで楽しみにしてるんですよー」「せいせいするほどリアタイ(録画せず放送時間に見ること)するんだ!」「YOSHIKI様作曲の聖子ちゃんの歌も聴かないと。」という声が上がっていた。
 
 
【第1話あらすじ】
会食前に迎賓館に来ていたティファニージャパンの広報部に勤める栗原未亜(武井咲)。

交際中の彼氏・山下陽太(高橋光臣)からプロポーズされた際に貰ったエンゲージリングを見つめるが、その表情は切ない。なぜなら、仕事が天職で生きがいだと思っている未亜は、「仕事を辞め、実家に付いて来て欲しい」と言う陽太の一方的な提案を受け入れる気持ちになれず、その申し出を断ろうとしていたからだ。

そんな時偶然、子供が手放してしまった風船を取ろうとした男性とぶつかり、指輪を無くしてしまう。焦る未亜だったが、リングはその男性のズボンの裾の折り込みに挟まっており、無事見つけ出すことに成功。未亜にとって、たとえ返してしまうものだとしても、指輪は人の想いを繋ぐ大切なものだった。

数日後、研修の一環で広報部に来た、自社の副社長・三好海里(滝沢秀明)の顔を見て未亜は驚く。なんとその副社長は、迎賓館でぶつかり、ともに指輪を探した男性だったからだ。しかも彼の教育係として、未亜は行動を共にすることになる。数々の困難に遭遇しながらも奮闘する未亜の仕事ぶりに対し、「せいせいするほどやってみろよ、天職なら」と、時に厳しく、時に優しく見守ってくれる海里。そんな海里に未亜は少しずつ心惹かれていく。

そんなある日、未亜は突然、ストーカーと化し社内に乗り込んできた陽太に襲われる。震えて逃げる未亜だったが、そこに居合わせた海里に助けられ、キスされてしまうーー。

最終更新:7月12日(火)21時0分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。