ここから本文です

巨人ギャレット、来日初盗塁狙うも失敗 迫力満点のヘッスラも…

Full-Count 7月12日(火)18時38分配信

悠々とタッチアウト、メジャーでは通算28盗塁

 巨人のギャレット・ジョーンズ内野手が12日の広島戦(マツダスタジアム)で来日初盗塁を狙ったが、盗塁失敗した。

「7番・左翼」でスタメン出場。1点リードの2回1死、遊撃内野安打で出塁。続く小林への2球目のカットボール、マウンドの野村の投球フォームを盗んで果敢にスタートを切ったが、捕手の石原がストライク送球。迫力満点のヘッドスライディングだったが、悠々とタッチアウトとなってしまった。

 メジャー通算122本塁打の長距離砲だが、パイレーツ時代の09年には10盗塁を記録するなどメジャー通算28盗塁を決めている。巨人移籍1年目の今季は試合前まで64試合出場で盗塁なしだったが、積極的な走塁でチームを鼓舞した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月12日(火)18時38分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月2日(日)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。