ここから本文です

移籍金よりも高い年俸に衝撃! イタリア代表ペッレがロナウドやメッシ、ネイマールらに次ぐ“世界5番目”の選手に

theWORLD(ザ・ワールド) 7月12日(火)14時20分配信

世界屈指の高給取りへ

彼らの金庫には一体どれほどの資金が眠っているのだろうか。先日、イングランドのサウサンプトンから中国の山東魯能へ移籍することが正式に発表されたイタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレは、破格の年俸を受け取ることになるようだ。

ユーロ2016でもイタリア代表の一員として参戦していた30歳のセンターフォワードを獲得するために、山東魯能が支払った移籍金はおよそ1300万ポンド(約17億円)だとされているが、驚くべきはその年俸だ。英『Daily Mail』は、ペッレが移籍金よりも高額な1360万ポンド(約18億円)もの年俸を勝ち取り、世界でも5番目の高給取りになると紹介。彼は、クリスティアーノ・ロナウド(約24億円)やリオネル・メッシ(22億円)、そして先日に上海上港への移籍が決まったフッキ(22億円)、ネイマール(21億5000万円)らに次ぐ年俸の高さを誇り、さらにマンチェスター・ユナイテッドでズラタン・イブラヒモビッチが受け取る年俸と同額になるという。

長いローン生活を経て、ようやくサウサンプトンで開花した遅咲きのストライカーにとっては、とんでもないご褒美となったにちがいない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月12日(火)14時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報