ここから本文です

巨人内海、今季最短の3回途中5失点KO 新井に同点弾&勝ち越し打浴びる

Full-Count 7/12(火) 19:17配信

首位広島を猛追するはずが…

 巨人の内海哲也投手が12日の広島戦(マツダスタジアム)で先発したが、今季最短の3回途中5失点KOを食らった。

 1点リードの2回1死、新井の右越えソロで同点に追いつかれた。続く1死満塁では野村を見逃し三振、田中を右翼・長野のファインプレーでピンチをしのいだ。

 だが、3回も悪い流れが続く。菊池、丸の連打などで1死一、二塁とされると、新井の左前適時打で勝ち越し点を献上。続く鈴木には適時二塁打を浴びた。ここで降板となった。

 2番手・田原も広島打線の勢いを止められず、内海は2回1/3で7安打5失点。首位・広島を猛追するはずが、厳しい投球となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/12(火) 19:17

Full-Count