ここから本文です

ついに就任したアンチェロッティ「キャプテンはラームのまま」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月12日(火)16時0分配信

大きな変化はなしか

バイエルンの次期監督であるカルロ・アンチェロッティはチームに大きな改革を行うつもりはないようだ。

昨季2冠を達成しているチームを引き継ぐアンチェロッティ。初トレーニングを行った同氏だが、チームに大きな変化を加えるつもりはないと同氏は独『Bild』で話している。

「キャプテンはラームのままでいくよ。変える理由がないからね。彼がいいキャプテンだと信じているし、雰囲気をしっているというのは重要だ。彼の他にもリーダーシップを取れる選手は多くいる。ノイアー、ヴィダル、アロンソもいる。リーダー探しに苦労はしなさそうだ」

また、前任者であるジョゼップ・グアルディオラとはいい関係であることも明かし「彼の幸運を祈っているよ。彼はイタリア語で長文の手紙もくれた。私たちはとてもフレンドリーだよ。いい関係を築いている」と話した。

大きな変化はなくとも、アンチェロッティのもとでさらにグレードアップするバイエルンを来季は期待したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月12日(火)16時0分

theWORLD(ザ・ワールド)