ここから本文です

【高校野球】13日開幕の和歌山大会 春は智辯和歌山が優勝も今夏は混戦模様

Full-Count 7/12(火) 19:30配信

総合力で上回る智辯和歌山、市立和歌山&紀央館の戦いも見逃せない

 2年連続の夏の甲子園出場を狙う智辯和歌山、2年ぶりの出場を狙う市立和歌山など、実力校が集結した今年の和歌山。智辯和歌山をはじめとしてどんな学校が、有力候補に挙がるのだろうか。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 チームの総合力では智辯和歌山の力が抜きん出ている。智辯和歌山は旧チームから主力がごっそり抜け新チームは全く新しいスタートとなり、昨秋の県大会二次予選1回戦で姿を消した。しかし、例年以上に長い冬を過ごして迎えた春に見事優勝。近畿大会でも持ち前の打線が活発で猛打復活を印象付けた。旧チームから残る野口春樹(3年)と高垣鋭次(3年)を中心に据える打線は近畿大会1回戦でタイプの異なる3投手に12安打を浴びせコールド勝ちを収めた。

 この打線に、背番号17番と18番ながらすでに貫禄のある2人の1年生、林晃汰と文元洸成が厚みを加える。中学時代から打撃で鳴らしていた逸材が早くもレギュラーを獲得した。他にも1番か2番を打つことが予想される北阪太志(3年)も左中間への二塁打を放った際、あわよくば三塁を狙おうかというオーバランを見せるなど足が速くタレントが揃う。

 エース・橋祐我(3年)は力みのないフォームからひょうひょうと投げ込み、黒原拓未(2年)はストレートで押すピッチングが持ち味。どちらも左腕だがタイプの異なる投手を擁する。

 一方、春準優勝の紀央館はエース・田中綜馬(3年)の存在が心強い。プレートの右端から角度をつけて投げ込む本格派右腕で近畿大会1回戦では敗れはしたが、選抜覇者の智辯学園打線を6安打に抑え込んだ。好投したが試合後には満足感よりも「悔しい」の一言。どんな相手にも物怖じせず果敢に攻めるマウンド捌きは強いメンタルの表れ。智辯和歌山の強力打線との対決は見物だ。

選抜出場の市立和歌山はやはり怖い存在

 春3位の有田中央は技巧派左腕の仲竜輝(2年)と手足が長く大きく足を開いたセットポジションが印象的な右腕の中島悠(2年)が投手陣の要。継投のタイミングも含め点取り合戦よりもロースコアの展開に持ち込みたい。

 また日高中津は準決勝、3位決定戦でも敗れ、近畿大会出場を逃したが、スコアはどちらも1点差。好投手・原綜冶(2年)は入学直後から公式戦マウンドに上がっており、経験は豊富。1年春の決勝戦では終盤にリリーフするも智辯和歌山にサヨナラ打を浴びておりリベンジに燃える。

 選抜に出場した市立和歌山はエース・赤羽陸(3年)が大舞台を経験し、球速も143キロをマーク。また2番手の栗栖拓巳も角度ある直球を投げ込む左の本格派だ。市立和歌山といえば、守備。春先まで乱れるところがあったが、しっかりと鍛え直したいところ。打線では、長打力・巧打力を兼ね備えた七野怜(3年)、長打力のある北嶋陸(3年)など打力ある選手が揃っている。

 また昨秋、近畿大会出場の高野山は主軸を打つ森谷綜馬(3年)、山本豪庸(2年)を中心とした打線はパワフル。投げては、本格派右腕・南中道脩人のピッチングに期待がかかる。ベスト8で智辯和歌山に敗れたが、1対5と善戦を演じた日高は、守備力の高さを売りとした好チームだ。また一昨年秋の近畿大会でベスト8入りした箕島も、下級生の時から経験した選手が多く、夏へ向けて浮上するだろう。

 智辯和歌山が抜けているとはいえ、近年は各校の実力も伸びてきており、今夏は混戦となりそうだ。

(記事提供:高校野球ドットコム)

高校野球ドットコム編集部●文

最終更新:7/12(火) 19:30

Full-Count