ここから本文です

フランス代表DFウンティティの兄が明かす“手本の選手”は「ピケとシウバ、そして……」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/12(火) 16:10配信

バルサでの挑戦が始まる

フランスリーグのリヨンからスペインのバルセロナへ移籍することが決まっているフランス代表DFサミュエル・ウンティティは、すでにカタルーニャ語を学び、同クラブでの生活に備えているようだ。彼の兄弟ヤニック・ウンティティ氏が新天地へ臨む同選手について話している。

サミュエルの代理人も務めているヤニック氏はスペインのラジオ番組内で、世界最高クラブでの挑戦に備える弟について次のように言及。同選手が手本とする選手の名前も明かしている。スペイン『MUNDO DEPORTIVO』が伝えた。

「彼はもうカタルーニャ語の勉強をスタートさせているし、バルサのロベルト・フェルナンデスSDからクラブの哲学についても説明を受けたんだ。私としては、彼がバルセロナというクラブでプレイするチャンスを得たことにとても誇らしく思っている。近いうちに入団のお披露目会が行われるよ」

「サミュエルが手本としている選手はジェラール・ピケにセルヒオ・ラモス、そしてチアゴ・シウバだ。彼らは皆、突出した個性を持っている。サミュエルは多くのことを吸収できる選手なんだよ」

最終ラインにおける複数のポジションをこなすことのできるウンティティ。22歳にしてバルサでの挑戦権を得た同選手には、きっと明るい未来が待っていることだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7/12(火) 16:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報