ここから本文です

日ハム、球団記録の連勝は歴代4位タイの「15」でストップ 約3週間ぶり黒星

Full-Count 7月12日(火)21時32分配信

オリックスに競り負け、中田の史上163人目の通算150本塁打で一時逆転も…

 日本ハムが12日のオリックス戦(京セラドーム大阪)で3-4で競り負け、チームの連勝は15でストップした。

 2点を追う4回、無死一塁でレアードの右中間適時二塁打で1点差に迫り、5回2死二塁では中田が16試合ぶりの右越え14号2ラン。史上163人目の通算150本塁打で逆転したが、先発のメンドーサが6回裏に西野の中前適時打で同点に追いつかれた。

 7回2死二、三塁の好機をつかんだが、中田が三ゴロ。7回3失点、148球の力投を見せた西を打ち崩せずに終わると、7回裏に2番手・白村が2死三塁から安達の中前適時打で勝ち越された。

 8、9回は無得点に終わり、チームは6月18日の中日戦(ナゴヤドーム)以来の黒星。歴代4位タイ、球団記録の15連勝でストップした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月12日(火)21時32分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]