ここから本文です

ユヴェントス、守備の要をペップ・シティから守るため新契約準備か

theWORLD(ザ・ワールド) 7月12日(火)20時30分配信

条件ではマンCだが

ユヴェントスがイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチに対して新契約を準備しているようだ。

ユヴェントスの守備の要であると同時にイタリア代表でも重要な役割を任されているボヌッチ。同選手はストッパータイプの選手でありながら、高いビルドアップ能力も兼ね備えており、ヨーロッパを代表する現代的なCBだ。それに目をつけているのがマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督で、2020年まで契約を残している同選手に対して移籍金6000万ユーロ、年俸700万ユーロという破格のオファーを用意していると先日伝えられた。

そのため、ユヴェントスはマンチェスター・シティから同選手を守るため1年の契約延長オファーを準備していると伊『Gazzetta dello Sport』が報じた。ユヴェントスは現在350万ユーロの年俸を600万ユーロまで上げて、チームに残そうと考えているようだ。

条件はマンチェスター・シティが上回るが、ユヴェントスは29歳のボヌッチ慰留に全力を注ぐ意思を見せており、マンチェスター・シティはそう簡単に交渉をまとめることはできないだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月12日(火)20時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報