ここから本文です

熱中症予防、消防局と郵便局がDMで呼び掛け

カナロコ by 神奈川新聞 7月12日(火)8時0分配信

 相模原市消防局は今夏から、市内の郵便局と連携し、指定したエリアの世帯や事業所に暑中・残暑見舞い用のくじ付き郵便はがき「かもめ~る」を送付し、熱中症予防を呼び掛ける取り組みを始めた。

 協賛企業がはがき代金や印刷費用を負担し、企業が指定したエリアに送付する仕組み。11日現在、同市緑区、南区で計5企業の参加が決まり、約5千枚を配達する予定。

 市内では昨年5~9月、熱中症により333人を搬送。今年は4月から現在までに86人を搬送し、昨年より増加傾向にあるという。

 はがきの裏面に熱中症予防を呼び掛ける内容と、市消防局が配布している「きゅうきゅう安心カード」のPRを記載。表面には協賛企業の広告スペースがある。

 「かもめ~る」は現金5万円が当たるくじ付きで、9月5日に抽選が行われるため、それまで保管してもらえる狙いもあるという。

最終更新:7月12日(火)8時0分

カナロコ by 神奈川新聞