ここから本文です

レッドブルが「ハロ」を初テスト。しかし、チームは反対票を投じる考え

オートスポーツweb 7月12日(火)20時16分配信

 レッドブルは、7月12日から始まるシルバーストンF1合同テストにて、フェラーリが開発したコクピット保護システム「ハロ」のテストを行う。

「ハロ」装着状態を別の角度から

 フェラーリは今季開幕前のテストで、ハロを初披露。イギリスGPの金曜日にはセバスチャン・ベッテルが改良型の「ハロ2」を装着してコースを走行した。ベッテルは走行後に「視認性を向上させる必要がある」と語っており、このチタン製デバイスには、まだ課題が多い。

 レッドブルは別種のコクピット保護システム「エアロスクリーン」を開発しているが、FIAによるテストで安全性や強度において気になる点が見つかったため、FIAは2017年の導入に向けて、ハロを推進している。

 しかし、レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーはハロへの懸念を表明している。

「あまりエレガントな解決法とは思えない。もっと時間をかけて、あせらず、じっくりと検討するべきだ。ハロの熱心なファンには、とてもなれないね。現時点では、このシステムに賛成票を投じることはできない」

 FIAがハロの装着を義務づけるためには、ストラテジーグループでチームの了解をとりつけ、F1コミッションで承認されなければならない。FIAは「安全性」を理由に導入を強行することもできるが、いまだハロの採用は正式には決まっていない段階にある。



[オートスポーツweb ]

最終更新:7月12日(火)20時17分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]