ここから本文です

THE NOVEMBERS ニューアルバム『Hallelujah』詳細公開&自主企画【首】にThe Birthday

Billboard Japan 7月12日(火)12時0分配信

 2005年に結成、今年で11周年を迎えたオルタナティブロックバンド・THE NOVEMBERS。9月21日にリリースされる6thアルバム『Hallelujah』(読み:ハレルヤ)のジャケットが公開されたと同時に、The Birthdayをゲストと迎えた自主企画【首 vol.13 - Redder Than Red -】の開催が発表された。

 アルバム『Hallelujah』は、レディオヘッド(Radiohead)、ベック(Beck)、アデル(Adele)など、世界の錚々たるミュージシャンの作品を日本でリリースしている洋楽専門レーベル・Hostess Entertainmentと、日本のバンドであるMONO、Bo Ningen、Klan Aileenなどの作品をリリースしている国内レーベル・MAGNIPHがタッグを組んだ「MAGNIPH/HOSTESS」からの、日本人第一弾リリース作品。ジャケットは彼らのデモCD時代から11年間変わらずアートワークを務めるtobirdが担当した。今作については小林祐介(vo,g)からコメントも届いている。

 日本を代表するロックンロールバンド・The Birthdayをゲストに迎える自主企画【首 vol.13】は、9月11日に渋谷CLUB QUATTROにて開催。オフィシャルサイトではこの発表と同時に先行抽選予約受付が開始となる。



◎小林祐介(vo,g)-コメント
僕はいま30歳で、THE NOVEMBERSは今年で結成11年目になります。僕は30年かけて、バンドは11年かけて、この『Hallelujah』を作ったような気持ちでいます。これまでの僕の全て、THE NOVEMBERSの全てがそのまま作品になりました。これまでも、そうだったと言えばそうだったのかもしれませんが、ただ、僕はこれまでよりずっと正直になりました。音楽を奏でる時、僕は自由でありたい。その音楽がどんなスタイルであろうと、どんな制約があろうと、僕は解き放たれていたい。Hallelujahという言葉には賛美や喜びに対する感嘆詞としての意味もあるようです。
新しい旅の準備をしながら、僕たちはワクワクしています。マグニフ・ホステスという心強い仲間が増え、僕たちはより遠くへ行ける。いつかどこかで、いい顔で会いましょう。
最後に、レコーディングエンジニアの岩田純也氏(Triple time studio)に、心からの感謝とリスペクトを。
ハレルヤ!

◎6thアルバム『Hallelujah』(ハレルヤ)
2016/09/21 RELEASE
[CD]2,600円+税
レーベル:MAGNIPH / Hostess
<TRACKLIST>
01. Hallelujah
02. 黒い虹
03. 1000年
04. 美しい火
05. 愛はなけなし
06. 風
07. 時間さえも年老いて
08. !!!!!!!!!!!(読み:そしてバカはパンクで茹で死に)
09. ただ遠くへ
10. あなたを愛したい
11. いこうよ

◎自主企画【首 vol.13 - Redder Than Red -】
2016年9月11日(日)渋谷CLUB QUATTRO
OPEN 17:00 / START 18:00
ゲスト:The Birthday
料金:前売4,000円+1D
先行: 7月11日(月)23:00~7月31(日)23:59
受付URL:http://bit.ly/29xk2M2
枚数制限:2枚
一般:8月6日(土)
企画:THE NOVEMBERS / MERZ
制作:SMASH CORPORATION
協力:base inc.
問合:03-3444-6751(SMASH)

最終更新:7月12日(火)12時0分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。