ここから本文です

マイリー・サイラス、なぜか“瓶詰め食品”を新しいタトゥーに

Billboard Japan 7月12日(火)18時0分配信

 マイリー・サイラスが新たに、奇妙な刺青を入れたようだ。タトゥー・アーティスト、Doctor Wooのインスタグラム・アカウントに投稿された写真で明らかになった。

 フグ、木星、アボカド、自身の祖母など、サイラスの身体には40もの小さなタトゥーが入っているが、今回そのコレクションに新たに加わったのはナント、オーストラリア人にはお馴染みのベジマイト(Vegemite)の瓶詰めの絵だ。

 知らない人のために説明すると、ベジマイトとは“ビール酵母エキスの残りに、様々な野菜や香辛料が加えられた”茶色いペースト状のもので、パンやクラッカーに塗って食される。オーストラリアに足を運ぶなら誰しも試してみたくなる代表的な食品だ。マイリーはおそらく、同国の代表的な輸出品でありながら(特にアメリカでは)評価の別れるこの軽食をオーストラリア出身の婚約者、リアム・ヘムズワースから紹介されたのであろう。

 なお、当然ながらベジマイト側もこのタトゥーに気付き、サイラスがタトゥーにこれを選んだことを気に入り同商品の公式ツイッター・アカウントで紹介している。



◎Doctor Wooインスタグラム・アカウント
https://www.instagram.com/_dr_woo_/

◎Vegemiteツイッター・アカウント
https://twitter.com/Vegemite

最終更新:7月12日(火)18時0分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。