ここから本文です

千葉雄大&工藤阿須加、“スカした”イケメン披露!

クランクイン! 7月12日(火)7時30分配信

 日本テレビの新ドラマ『家売るオンナ』の公式ツイッターにて、同ドラマに出演する俳優の工藤阿須加、千葉雄大のツーショットを公開。「スカした表情で」とのリクエストに応え撮影されたその姿を喜ぶ声が寄せられている。

【関連】「千葉雄大」フォトギャラリー


 『家売るオンナ』は、売上伸び悩む中堅不動産会社・テーコー不動産にやってきた凄腕営業ウーマン・三軒家万智(北川景子)の奮闘と、その常識はずれの営業手腕に巻き込まれていく社員たちの姿を描いたドラマ。工藤は成績最下位の若手営業マン・庭野聖司役、千葉はエリートの足立聡役を務める。

 このツイートでは、まさに「スカした」表情の工藤と千葉のツーショットと共に「『スカした感じで!』のリクエストにこたえていただきました。 何ポーズでも出てくる…さすが!」とのコメント。また合わせて「庭野と足立、なんだか最近いいコンビ」とも綴られており、撮影雰囲気も良好な様子を見せている。

 2人の“スカした”姿には、「スカしてても、可愛さあって良いですね」「爽やかなお二人!良い感じにスカしてますねぇ~」「やばい!この2人だいすきです」とコンビの良さを見せる2人の姿を喜ぶ声や、「今度は別のお題で、このコンビ見たいです」とのリクエストなども届いている。

最終更新:7月12日(火)7時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。