ここから本文です

ダース・ベイダー再び! 『ローグ・ワン』注目の黒い“デス・トルーパー”場面写真解禁

クランクイン! 7/12(火) 6:00配信

 全世界を空前の熱狂で包みこんだ『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に続き、12月16日に公開を控える映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。全世界が注目する本作に、新たに登場し黒いボディがダース・ベイダーを連想させるデス・トルーパーと、シリーズのファンには嬉しいストームトルーパーの場面写真が解禁となった。

【関連】『スター・ウォーズ エピソード 4/新たなる希望』<フォトギャラリー>


 今回、解禁となった場面写真の1枚は、お馴染みのストームトルーパーがオリジナルに近いデザインで映っている。しかも、南の島を連想させる美しい海の中を歩く姿は、長年のファンには驚きの1枚となっている。
 
 そして、全身が黒く禍々しい邪悪さを匂わせ、美しいビーチに猛攻撃を仕掛ける為に上陸したデス・トルーパーの大注目の写真も解禁。彼らデス・トルーパーは、ダース・ベイダーの部下でありながらダース・ベイダーを常に出し抜こうとする野心的な悪人オーソン・クレニックが率いてる兵士で、その黒いボディからダース・ベイダーを彷彿させるデザインとなっている。
 
 ダース・ベイダーの登場を喜んでいるのは世界中の観客だけではない。本作の監督を務めたギャレス・エドワーズは撮影中にダース・ベイダーと始めて対面した際「本当はいけないことなんだけど自分を抑えられなくて…ケータイのカメラで写真を撮りまくってしまったよ」と、“スター・ウォーズ愛”が詰まった撮影のエピソードを明かした。
 
 監督自らが作品への愛を語る『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。伝説の原点「新たなる希望」でレイア姫がR2-D2に託した“設計図”はいかにして入手されたのだろうか?というファンにとっては長年の疑問に対する答えが明かになる本作に、期待が高まる。
 
 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日より全国ロードショー。

最終更新:7/12(火) 6:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]