ここから本文です

イチ同僚のスタントンが初制覇! MLB球宴ホームランダービー

ベースボールキング 7月12日(火)11時34分配信

圧巻飛距離で計61発!

 MLBオールスターゲーム恒例のホームランダービーが11日(日本時間12日)、サンディエゴのペトコ・パークで行われ、イチローとともにマーリンズで活躍するジャンカルロ・スタントンが初栄冠を手にした。

 ルールは好評を博した昨年同様、4分以内(飛距離によって30秒のボーナスタイムあり)での本数を競うシンプルなもの。

 出場者はマーク・トランボ(オリオールズ/今季28本塁打)、トッド・フレーザー(ホワイトソックス/同25本)、アダム・デュバル(レッズ/同23本)、ロビンソン・カノ(マリナーズ/同21本)、ジャンカルロ・スタントン(マーリンズ/同20本)、ウィル・マイヤーズ(パドレス/同19本)、カルロス・ゴンザレス(ロッキーズ/同19本)、コリー・シーガー(ドジャース/同17本)の計8選手で、トランボ、スタントン、デュバル、フレーザーの4選手が初戦を勝ち抜いた。

 準決勝最初のカードでは、スタントンがトランボとの飛距離自慢対決に勝利。次カードでは前年王者のフレーザーが、レッズの新生・デュバルに16-15で打ち勝った。

 決勝では先行のスタントンが爆発。フレーザーを20-13で下し、ホームランダービー初制覇。初戦から24本、17本、20本と計61本塁打を放ち、サンディエゴのファンを大いに沸かせた。

 なお、オールスターゲーム本戦は12日(同13日)に開催。先発投手はア・リーグがホワイトソックスのクリス・セール、ナ・リーグはジャイアンツのジョニー・クエトが務める。

BASEBALL KING

最終更新:7月12日(火)12時1分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月2日(日)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。