ここから本文です

フランツ・フェルディナンドを脱退したニック・マッカーシーが新バンドを始動、新曲も公開に

RO69(アールオーロック) 7月12日(火)18時50分配信

フランツ・フェルディナンドからの脱退が明らかになったギタリストのニック・マッカーシーが早速自身の新バンド「Manuela」を始動させた。

同バンドはニックとニックの妻でシンガー・ソングライターのマヌエラ・ガーネデルによって結成されたもので、新曲“Cracks In The Concrete”の音源も合わせて公開されている。

同新曲はニック所有のハックニーのスタジオでレコーディングされ、セバスチャン・ケリグがプロデュースを手掛けたという。

“Cracks In The Concrete”はこちらから。
https://soundcloud.com/lostmap/manuela-cracks-in-the-concrete

ニックは7月8日に発表されたフランツ・フェルディナンドからの脱退声明の中で、「僕はこれから、これまでとは全く異なる音楽を作ったりプロデュースしたりすることになると思う」とコメントしていた。

なお、「Manuela」のデビュー・アルバムの詳細はまだ明らかになっていないが、ゲストとしてジャンゴ・ジャンゴのジム・ディクソン、ヴェロニカ・フォールズのロクサーヌ・クリフォード、そしてフランツ・フェルディナンドのドラマーであるポール・トムソンが参加するという。

RO69(アールオーロック)

最終更新:7月12日(火)18時50分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。