ここから本文です

金沢駅、限定ナナコ人気 北陸最大セブン-イレブン開業

北國新聞社 7月12日(火)2時58分配信

 金沢駅構内に11日、北陸で最大の売り場面積となる約260平方メートルのセブン-イレブンの店舗=写真=がオープンした。枚数限定で発売された金沢限定デザインのナナコカードを求める客が早朝から並び、初日の販売分は夕方前に完売した。

 限定ナナコは鼓門と北陸新幹線の車両、加賀友禅を題材にしたデザインで、11~13日の3日間、1日各1千枚限定で販売する。午前6時の販売開始時には約50人が並び、東京や京都から駆けつけた人もいた。午前4時に一番乗りした金沢市新神田1丁目の会社員佐藤真二さん(47)は「職場の人に頼まれた分も買うため、早起きして出勤前に並んだ」と話した。

 店内はレジを10台設置したほか、周辺のサラリーマンの需要を見込んで弁当や総菜を強化した。営業時間は午前5時~翌午前1時となる。

北國新聞社

最終更新:7月12日(火)2時58分

北國新聞社