ここから本文です

中国移籍の伊代表FW、C・ロナやメッシらに次いで年俸世界5位に…イブラと同額の約18億円

SOCCER KING 7月12日(火)14時59分配信

 先日閉幕したユーロ2016にも出場していたイタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレの中国移籍がついに決まった。サウサンプトと山東魯能の両クラブが、その旨を公式に発表している。

 契約内容は明かされていないものの、移籍金は1300万ポンド(約17億3000万円)ほどだとされている。

 そして、イギリス紙『デイリーメール』は、ペッレの年俸がなんと1360万ポンド(約18億1000万円)になる見込みだと伝えている。

 同紙によれば、これは現在のサッカー界において、世界で5番目に高い年俸になる。

1位 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード):1800万ポンド(約23億9000万円)
2位 リオネル・メッシ(バルセロナ):1700万ポンド(約22億6000万円)
2位 フッキ(上海上港):1700万ポンド(約22億6000万円)
4位 ネイマール(バルセロナ):1620万ポンド(約21億5000万円)
5位 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(マンチェスター・U):1360万ポンド(約18億1000万円)
5位 グラツィアーノ・ペッレ(山東魯能):1360万ポンド(約18億1000万円)

 あのズラタン・イブラヒモヴィッチと同額を稼ぐことになるというペッレ。チェルシーやエヴァートンからも誘われていたようだが、これなら中国を選んだのも納得といえるかもしれない。

 ペッレは1985年生まれの30歳。レッチェでキャリアをスタートさせると、カターニャやチェゼーナなどでもプレーし、2007-08シーズンからオランダのAZへ移籍する。ルイ・ファン・ハール監督の下で才能の片りんを見せると、イタリア復帰を経てフェイエノールトへ移籍。ロナルド・クーマン監督の下、12-13シーズンは29試合で27ゴールを奪う活躍を見せた。

 翌シーズンもセンターフォワードとして結果を残すと、2014年夏にクーマン監督とともにフェイエノールトからサウサンプトンへ加入。14-15シーズンはプレミアリーグ全38試合に出場して12ゴールを記録した。15-16シーズンはリーグ戦30試合に出場し、11ゴールをマークしていた。また、2014年10月に初めてイタリア代表へ招集されると、10日まで行われていたユーロ2016にも出場。準々決勝までの全5試合中4試合に出場して2ゴールを挙げるなど評価を高め、チェルシーやラツィオへの移籍を噂されていた。

(記事提供:Qoly)

SOCCER KING

最終更新:7月12日(火)15時14分

SOCCER KING