ここから本文です

アーセナル、ドイツ代表MFドラクスラー獲得を画策…本人も移籍希望か

SOCCER KING 7月12日(火)17時34分配信

 アーセナルがヴォルフスブルクに所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーの獲得に動いていることが明らかになった。イギリス紙『デイリースター』などが12日に報じている。

 同紙によると、アーセナルが今夏のドラクスラー獲得を目論んでいる模様。クラブを率いるアーセン・ヴェンゲル監督はかねてよりドラクスラーに関心があることが報じられていた。

 昨年、ドラクスラーがDF内田篤人の所属するシャルケからヴォルフスブルクへ移籍した際にも関心を示していたアーセナル。同選手の代理人を務めるロジャー・ヴィットマン氏は、「まだ、アーセナル側からの正式な提示はない」と現段階ではオファーが来ていないことを明かした。それでも、「ドラクスラーは移籍を熱望しているようだ。彼は過去2年の間もアーセナルへ行こうとしていた」とコメント。ドラクスラー自身が1年でヴォルフスブルクを退団することを視野に入れているとした。

 現在22歳のドラクスラーは、シャルケでユース時代を過ごし、2011年にトップチームデビュー。昨夏に2020年6月30日までの5年契約でヴォルフスブルクへ移籍した。2015-16シーズンのブンデスリーガでは24試合に出場し6ゴールを記録している。また、ユーロ2016のドイツ代表メンバーに選出された同選手は、5試合でプレーし1得点をマークした。

 イギリス紙『デイリーメール』によると、現在のドラクスラーの移籍金は5200万ポンド(約70億円)と見込まれている。今後の展開に注目が集まる。

SOCCER KING

最終更新:7月12日(火)18時4分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]