ここから本文です

福岡FW金森が6月ベストゴール受賞…川崎Fのステージ制覇を阻止した“足裏シュート”

ゲキサカ 7月12日(火)14時21分配信

 Jリーグは12日、6月の月間ベストゴールを発表した。同月18日に行われた川崎F戦でアビスパ福岡のFW金森健志が、前半9分に決めたゴールが選出されている。

 月間ベストゴールは、ファン・サポーターによる一般投票と、スポーツ・サッカーメディア関係者からの推薦によりノミネートされた11ゴールからの選出された。

 Jリーグ選考委員会は「相手GKの動きを読み冷静に足裏で決めたシュート」と表現し、「トップスピードを維持したまま味方からのボールを胸でトラップし、高く上がったボールをボレーやヘディングではなく足裏で流し込んだシュート。流れのなかで相手GKが前に出てきたところをよく見て判断をした冷静さと、バランスを崩すことなく自分の間合いで決めた」と技術の高さを評価した。

 また、選考委員会は、「川崎フロンターレはこの試合に勝てば第1ステージ優勝の可能性が高かったが、金森選手のこのゴールを含めた2得点によって引き分けになり、第1ステージ優勝の行方を混沌とさせたゴールにもなった」とJリーグを盛り上げたことに感謝した。

 初受賞となる金森は「初めて受賞でとても嬉しく思います。今回のこの受賞を自信にまたベストゴールに選出されるようなゴールをたくさん決めていきたいと思います。またリーグ戦は第2ステージが始まり、非常に厳しい試合が続いていますが、目標のJ1残留に向け、一つでも多くのゴールを決めて勝利に貢献できるよう努力していきたいと思います」とコメントした。

最終更新:7月12日(火)14時21分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]