ここから本文です

「J1昇格のために帰ってきました」J3栃木がFWリカルド・ロボの復帰を発表

ゲキサカ 7月12日(火)19時31分配信

 栃木SCは12日、FWリカルド・ロボが完全移籍で加入することを発表した。同選手は2010年と2011年に栃木でプレー。2010年はJ2で得点ランク2位の16得点を挙げ、翌2011年も12ゴールと二桁得点をマーク。2年の在籍ながらチームに大きなインパクトを残した助っ人FWだった。

 5年ぶりに栃木に復帰したリカルド・ロボはクラブ公式サイトを通じて「栃木の皆さんお久しぶりです。日本に戻ることができて嬉しく思いますし、そのチームが栃木であることが更に幸せだと感じています。J2復帰、更には自分がいた頃の目標であったJ1昇格を成し遂げるために帰ってきました。引き続き熱い応援をよろしくお願いします。皆さんの力が必要です!」とコメントしている。

 以下、クラブ発表プロフィール

●FWリカルド・ロボ
(Ricardo LOBO)
■生年月日
1984年5月20日(32歳)
■身長/体重
178cm/76kg
■出身地
ブラジル
■経歴
グアラニ-ウルブラ-クリシューマ-アトレチコ・ソロカバ-クリシューマ-セネ-アギアネグラ-メトロポリターノ-クリシューマ-メトロポリターノ-栃木-柏-千葉-ドクサ・カトコピア(キプロス)-ブルスケ-愛媛-ドクサ・カトコピア(キプロス)
■出場歴
J1リーグ:7試合
J2リーグ:92試合31得点
天皇杯:6試合2得点
ACL:5試合

最終更新:7月12日(火)19時35分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。