ここから本文です

安室奈美恵「いちばん嫌なのは、時間に負けること」 

M-ON!Press(エムオンプレス) 7月13日(水)0時55分配信

NHKリオ五輪放送テーマソングとしても話題の新曲『Hero』を7月27日にリリースする安室奈美恵さん。アラサーGIRLSに「素敵な30代を過ごすためのエトセトラ」を教えてくれました。その一部をご紹介します!

【詳細】他の写真はこちら

* * *

「若いときは年なんて取らないと思ってましたけど、時間だけはみんな平等に過ぎていきますからね。最終的にいちばん嫌だなと思うのは、時間に負けること。もっと時間があればと思うことがあるんだったら、今やれることを精一杯やって、時間に追われずに納得のいく形でやれたらなっていう気持ちはあります。

ある程度大人になってきたら、自分が何にお金や時間をかけたいのか、わかってくると思うんです。ファッションなのか、自分の趣味なのか、はたまたもっと年齢を重ねたときにやりたいことのために貯金をするのか。やっぱり大人になったら、趣味があればそれも楽しみたいし、死ぬまでに食べられるごはんの回数もだいたい決まってるんだから(笑)、胃が元気なうちにいいものも食べたいと思うんです。動けるうちに旅行も行きたいし、趣味も見つけたい。

私は50代ぐらいになったら温泉巡りを趣味にしたいですね(笑)。そう思うと、年を重ねるのも悪くないなって思うんです。とにかく、時間に負けるのだけは嫌だなぁと思います」

※『andGIRL』2016年8月号

最終更新:7月13日(水)0時55分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。