ここから本文です

ディズニー最新作「モアナと伝説の海」は17年3月に公開!ポスターがお披露目

映画.com 7月13日(水)5時0分配信

 [映画.com ニュース]ウォルト・ディズニー・アニメーションの新作アニメ「モアナ(原題)」が、「モアナと伝説の海」の邦題で2017年3月10日に公開されることが決定した。あわせて、小さな船で大海原へと力強く漕ぎ出す主人公の後ろ姿を描いたポスター画像がお披露目された。

 映画は、数々の伝説が残る島で生まれ育った16歳の美しい少女モアナと、半神マウイの絆を描くミュージカル。幼い頃のある体験をきっかけに海と運命的な絆で結ばれたモアナは、いつしか“海に愛される”という特別な力を持つようになり、やがて海へ冒険に出る。マウイの声をドウェイン・ジョンソンが務める。

 監督を務めるのは、「リトル・マーメイド」や「アラジン」といった名作ミュージカルを世に送り出した、ロン・クレメンツ&ジョン・マスカーのコンビ。きもとなる音楽は、「ライオン・キング」「ターザン」を手掛けたマーク・マンシーナと、ブロードウェイの大ヒットミュージカル「ハミルトン」で第70回トニー賞を受賞したリン=マヌエル・ミランダがタッグを組むという盤石の体制だ。主人公に息を吹き込む新たなディズニーヒロインは、ハワイ在住の14歳の少女に決定しており、その歌声に期待が高まる。

 「モアナと伝説の海」は、2017年3月10日から全国で公開。

最終更新:7月13日(水)5時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。