ここから本文です

台湾・彰化県長、愛知を訪問 高齢者の健康支援などに理解深める

中央社フォーカス台湾 7/13(水) 11:17配信

(彰化 13日 中央社)訪日中の魏明谷・彰化県長は12日、愛知県の「あいち健康の森公園」を視察に訪れ、日本の長期医療設備や高齢者の健康診断に対する協力などについて理解を深めた。

今回日本を訪れたのは魏県長のほか、周志中副県長、葉彦伯衛生局長、黄淑娟社会処長、県内の医療関係者ら。一行は施設担当者の解説のもと、園内の各施設を見学したほか、体力テストなどを体験した。

彰化県の人口において65歳以上が占める割合は13.8%。台湾平均の12.5%を上回っている。魏県長は、健康な老後を迎えるには通常の保健予防に加え、適度なレジャー活動や運動が必要だとし、健康関連施設のほかに専門家も配置している同公園を見習っていきたいとした。

(呉哲豪/編集:名切千絵)

最終更新:7/13(水) 11:17

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。