ここから本文です

婚活イベントで出会い結婚 東村の星空の下 愛誓う

琉球新報 7月13日(水)5時0分配信

 【東】昨年11月22日の「いい夫婦の日」に、東村商工会(島袋徳和会長)が主催して行われた婚活イベント「第2回東村くくるこん」から、めでたく夫婦が誕生した。同村で暮らす金城正人さん(43)と具志堅優子さん(43)夫婦。2人は6月27日、東村役場に婚姻届を提出した。役場1階で行われた祝いのセレモニーで、2人は「自然が豊かで、水や食べ物もおいしい東村で結婚し、住むことができてうれしい」と喜んだ。

 金城さんは東村育ちで具志堅さんは南風原町の出身。2人は「くくるこん」に参加し、バーベキューやゲームなどを通して互いに気が合うことを確認。自然な流れで付き合うようになったという。

 結婚を決意した理由は2人とも「一緒だと気負わないで自然体でいられる」こと。今年5月、住宅のベランダで星空を見ながら金城さんがプロポーズしたという。金城さんは「今まで通り自然体でのんびり過ごしたい」と笑顔。具志堅さんは「子どもはできれば2人ほしい」と話していた。

 この日は 2012年度に行われた初回の婚活イベントに参加して結婚し、6月19日に第1子が生まれた東村の宮城由勝さん(36)も駆け付け、報告した。長男の名前は翔太郎ちゃん。2600グラムで生まれた。

 妻の有紀さん(36)は実家のある群馬県で出産したため、宮城さんはまだ翔太郎ちゃんと会っていなかった。長男の顔写真を手にセレモニーに参加した宮城さんは「最初の子どもでとてもうれしい。自然の中で元気な子どもに育てたい」と話していた。

 セレモニーで伊集盛久村長は「大変喜ばしい。今後もこのような形で東村に住んでくれる人が増えるように、村としても支援をしていきたい」と力を込めた。島袋商工会長は「本当におめでたい。役場とも連携しながら、しっかりサポートをしていきたい」と述べた。

琉球新報社

最終更新:7月13日(水)10時59分

琉球新報