ここから本文です

天皇陛下「生前退位」の意向 “3日に1回”予定が入る生活 1月1日から公務、土日関係なく長期の訪問も

withnews 7月13日(水)21時36分配信

 天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を示していることが、宮内庁関係者への取材でわかりました。2015年12月、82歳の誕生日に合わせて開いた記者会見では「年齢というものを感じることも多くなり、行事の時に間違えることもありました」と語っていました。2016年1月からこれまでの、宮内庁が発表している予定を調べると、その日数は64日にものぼり、3日に1日の割合で公務など何らかの予定が入っていました。

【画像】皇族が乗るお召し列車、目もくらむ内装 「三種の神器」専用車も

宮内庁が予定を公表

 宮内庁は公式サイトで、皇族の予定を公表しています。7月1日には「ご会釈(勤労奉仕団)」「お茶(退職認証官)」などが御所での予定として記載されています。

 公式サイトには、即位してからの予定が載っており、年齢を考えるとたくさんの予定が入っていることがわかります。

1月1日から公務

 2016年1月1日から2016年7月13日までの予定を調べてみました。

 何らかの日程が入っている日は64日あり、公表されているものでも3日に1回、予定が入っていたことになります。

 公務は1月1日から始まります。「新年祝賀の儀」が1月1日、「新年一般参賀」が1月2日に入っています。

土日、長期の予定も

 土日も関係ありません。

 4月2日の土曜日から4月4日の月曜日にかけては奈良を訪問。「神武天皇陵」などを参拝しています。

 長期の予定もあります。

 1月26日から30日の5日間はフィリピンを訪問。3月16日から18日の3日間は福島と宮城を訪問しています。

宮内庁、負担軽減を模索

 宮内庁は5月に、天皇、皇后両陛下の公務について、皇居であいさつを受ける「拝謁(はいえつ)」など一部を取りやめると発表していました。

 両陛下ともに80歳を超えたことから「ご年齢にふさわしいご公務のあり方」(宮内庁の山本信一郎次長)を検討した結果だと説明。両陛下の了承も得られたとしていました。

最終更新:7月13日(水)21時47分

withnews

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。