ここから本文です

バニラエア、成田-ホーチミン9月就航 台北経由

Aviation Wire 7月13日(水)16時31分配信

 バニラエア(VNL/JW)は7月13日、成田-ホーチミン線を台北(桃園)経由で開設すると発表した。9月14日から、1日1往復を運航する。台北からは以遠権を活用し、ホーチミンに乗り入れる。日本のLCCで以遠権を活用するのはバニラエアが初めて。

 現在4往復を運航する成田-台北線のうち、1往復をホーチミンまで延伸する。ホーチミン発は翌15日が初便となる。

 運航機材はエアバスA320型機(1クラス180席)。運航スケジュールは曜日により異なる。運航初日となる水曜の場合、ホーチミン行きJW105便は成田を午後5時40分に出発し、台北には午後8時35分に到着。午後9時50分に台北を出発し、翌日午前0時30分に到着する。翌木曜の成田行きJW102便は、ホーチミンを午前1時35分に出発し、台北に午前6時10分に到着する。午前7時25分に台北を出発し、午前11時40分に到着する。

 台北では一旦降機し、保安検査を通過する必要がある。その後は搭乗口に進み、再搭乗する。出入国手続きや受託手荷物の預け直しは必要ないが、乗り継ぎエリアからの外出はできない。

 航空券の販売は7月14日午後2時から開始。片道1万690円から販売する。台北-ホーチミン間のみの利用もできるが、販売は台湾元かベトナムドンのみ。日本円では販売しない。同社ウェブサイトのベトナム語対応も開始する。

 バニラエアは台北の第2拠点化に向けて路線を拡充しており、台北-ホーチミン線もその一環。4月27日には台北-関西線を1日1往復の深夜便で開設した。9月14日には那覇-台北線を開設する。同社の台北路線は4路線となる。

 成田からのホーチミン便は、ベトナム航空(HVN/VN)が1日2往復、日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)が1日1往復ずつ、いずれも直行便で運航している。

Yusuke KOHASE

最終更新:7月13日(水)16時48分

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]