ここから本文です

【インドネシア】日本の食品メーカーが進出、3千万ドル投資

NNA 7月13日(水)8時30分配信

 インドネシアの投資調整庁(BKPM)は12日、日本の食品メーカーがインドネシアへの進出に3,000万米ドル(約31億円)を投じると発表した。首都圏に倉庫も設置する計画だ。
 フランキー長官は、企業名は明らかにしなかったものの、「ヨーグルトやアイスクリーム、ジュース、パンなどを製造する大手企業の一つ」と指摘した。提携先として、既に複数の現地企業の候補を絞り込んだという。日本企業は、インドネシア政府が先ごろ投資規制分野(ネガティブリスト)を改定したことで、現地での投資に非常に高い関心を持っているとの見方を示した。
 同庁によると、今年第1四半期(1~3月)の日本企業による投資実現案件は427件。投資額は15億8,000万米ドルで、国別ではシンガポールに次いで2位だった。また2万8,377人の雇用が創出された。

最終更新:7月13日(水)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。