ここから本文です

ブラッドリー・クーパー&イリーナ・シェク、“破局説”は間違い!?

cinemacafe.net 7月13日(水)12時45分配信

先日、破局説が流れたブラッドリー・クーパーとモデルのイリーナ・シェイクだが、報道はまちがいだったようだ。

【写真】ブラッドリー・クーパー/フォトギャラリー

10日(現地時間)、テニスのウィンブルドン選手権で男子決勝戦を観戦していた2人だが、その最中にイリーナ・シェイクが涙ぐみ、ブラッドリーが険しい表情で見つめる中で涙を拭う姿が中継カメラによって世界中に放送されてしまった。

観戦中にケンカしていた? と憶測された2人だが、実はイリーナはひどい花粉症に苦しんでいて、涙が止まらなくなってしまったそうだ。そしてブラッドリーがシリアスな表情で向き合っていた相手はイリーナではなく、彼女の隣りに座っていた元テニス・プレイヤーで、昨年までロジャー・フェデラーのコーチを務めていたステファン・エドベリだった。

ブラッドリーとイリーナは同日夜にはロンドンのハイド・パークで開催されていた音楽フェス「バークレイカード・ブリティッシュ・サマータイム・フェスティバル」に足を運び、手をつないでスティーヴィー・ワンダーの演奏に聴き入っていた。

最終更新:7月13日(水)12時45分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。