ここから本文です

ホンダ、遠隔操作可能なパーソナルモビリティ UNI-CUB をハッカソンに提供

レスポンス 7月13日(水)9時45分配信

ホンダ デベロッパースタジオは、サンフランシスコで7月15日、16日に開催される「Shape:An AT&T Tech Expo」内のコンテンツであるハッカソンにて、ロボットオペレーションシステム(ROS)対応のAPIを搭載した、遠隔操作可能なパーソナルモビリティ「UNI-CUB(ユニカブ)」を公開すると発表した。

[関連写真]

ROS対応API搭載UNI-CUBは、人が乗っていない状態でも、遠隔操作でスピード調節や前後左右、斜めの動きが可能。「乗れるIoT」として、人との調和を目指すパーソナルモビリティの持つ、新たな可能性の拡大を目指している。

ハッカソンでは、世界中から集まったソフトウェア開発者がUNI-CUBを遠隔操作し、柔軟なアイディアをもとに、各自のソフトウェア開発技術を競い合う。開発者たちは24時間の制限時間内にUNI-CUBを使っての動作検証も含め、ユニークで面白いアプリやソフトウェアを構築し、審査員の前でアイディアを発表する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7月13日(水)9時45分

レスポンス