ここから本文です

JALの副操縦士、断酒を虚偽申告 2年前から飲酒

Aviation Wire 7月13日(水)23時34分配信

 日本航空(JAL/JL、9201)は7月13日、公務執行妨害の疑いで逮捕された巽(たつみ)創一副操縦士(42)が、乗務12時間前の飲酒を禁じている運航規程に反していたと発表した。JALは今後、巽副操縦士を厳正に処分するとしている。

 国土交通省航空局(JCAB)が定める運航規程審査基準では、乗務8時間前の飲酒を禁止している。JALは社内規定で12時間前からの飲酒を禁じている。

 巽副操縦士は6月27日に乗務を終え、金沢市内のホテルに宿泊。同じスケジュールの機長とともに市内の飲食店で飲酒後、ホテル前で機長を暴行した。午後10時15分ごろ、通報を受けて現場に駆けつけた警察官から職務質問を受けた際、警察官を平手で殴り、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕され、石川県警金沢中警察署に留置された。翌28日は、午前7時35分小松発羽田行きJL182便に乗務する予定だった。

 巽副操縦士には2011年5月の航空身体検査証明の交付時、産業医との面談と「断酒」の条件が付されていた。2年前の2014年夏ごろから、飲酒していたことが本人への聞き取りにより発覚した。また、航空身体検査証明の更新時、巽副操縦士は断酒を継続していると虚偽申告し、航空身体検査証明の交付を受けていたことも発覚した。

 産業医は1カ月に1度の面談で、血液検査やストレス検査などを問診。直近では6月15日に受診していた。

 JALは今後、再発防止策の策定を検討。当面はすべての運航乗務員を対象に、規定順守と飲酒による影響、飲酒のリスクを理解するための教育を8月末までに実施する。

 巽副操縦士は7月8日、金沢簡易裁判所から略式起訴された。同裁判所に罰金40万円を納付し、即日釈放された。

Yusuke KOHASE

最終更新:7月13日(水)23時34分

Aviation Wire