ここから本文です

常総学院・鈴木昭汰10K完封発進!阪神など10球団視察 選抜後の肩不安吹き飛ぶ

デイリースポーツ 7月13日(水)6時59分配信

 「高校野球・茨城大会2回戦、常総学院2-0土浦湖北」(12日、水戸市民球場)

 茨城では、今春センバツ出場の常総学院が初戦を突破した。ドラフト候補の最速143キロ左腕・鈴木昭汰投手(3年)が10奪三振で5安打完封。センバツ後に肘と肩の不安でノースロー期間もあったが、復活の好投を見せた。

 頼れる背番号1が戻って来た。完封で勝利を決めた瞬間も笑顔すら見せず、常総学院・鈴木昭は淡々とあいさつの列に加わった。「夏なので勝てればOKだけど、ふけ上がる球が多かった。もう一回、確認していきたい」。まず反省が口をつくところに、大黒柱の自負がにじんだ。

 キレと制球が持ち味の左腕が、パワーアップを遂げた。140キロ前後の直球は球威十分。高めの球に、何度も相手は手を出した。大会終盤を見据え、変化球はスライダーのみに限定。ほぼ力勝負で10三振を奪い、三回無死満塁のピンチも動じずに切り抜けた。約8割を占めた直球には「キレは戻ってきたのかな」と納得した。

 センバツ初戦敗退後は左肘と左肩の状態が思わしくなく、2週間ノースロー。県大会はベンチを外れた。その期間に、ポール間走やダッシュなど、冬場並みの走り込みを敢行。「きつかったけど、キレが出て引き締まった」という効果を、阪神など10球団のスカウト陣、U-18日本代表の小枝守監督が視察した夏の初戦で証明した。

 中3時はU-15日本代表に選出。ドラ1候補右腕の横浜・藤平らがチームメートだった。最近になって連絡を取っていないのも「甲子園に行くためだけに、焦点を置いてやっていけたら」と集中するため。復活を遂げたエースが、名門を3年ぶりの夏の聖地に導く。

最終更新:7月13日(水)9時25分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]